FC2ブログ

緑の少年団と松くい虫被害防除の樹幹注入体験学習実施

昨日21日(日)にはまなす・福岡校下緑の少年団・団員、保護者、指導員30名が樹幹注入体験学習を
実施いたしましたのでご報告いたします。

日 時 平成28年02月21日(日)AM10:00~13:00。

場  所 座学・・能美市道林町公民館。
体験学習・・・道林町地区松林。

事業内容・・・1. 座学にて、松林の役割、大切さ、黒松の特徴、なぜ海岸に黒松を植えるのか?、松くい虫被害のメカニズム、樹幹注入の仕方等をスライド等で学習。
       2. 松林での樹幹注入体験学習。

指導者・・・・樹木医 八木豊夫 山本欽次 北村共二の3名。

参加者・・・・30名 (内訳はまなす・福岡校下緑の少年団・・・16
           指導者・保護者・・・14名)

取 材・・・TVこまつ 北港新聞 北陸中日新聞。

共さんによる海岸松林の役割、大切さ、松の特徴、松くい虫被害とメカニズム説明
注1
注2
八木樹木医による樹幹注入の説明
注3
松林での樹幹注入実施の説明・・・・八木樹木医
注5
以下団員による樹幹注入体験の模様。
注5

注6
注7
注8
樹幹注入完了
注9
最後に本日の感想文を書きました。
注10


共さんが報告しました。

スポンサーサイト

根上中学校・学校林保全活動

3月15日(土)午前9時~11時根上中学校松々レンジャーズによる黒松植樹地の松葉かきボランティア活動を実施致しましたのでご報告いたします。
生徒会が自主的に参加者を募り先輩たちが植樹した黒松の育成活動の松葉かき、松葉堆肥づくりを実施致しました。
参加者は、根上中学校生徒・教職員・根上森林連合会・いしかわ「能美の松原」サポートクラブ約80名です。

生徒会による活動説明。
松松

全員で松葉かき実施。
松松2
松松3
松松4
松松8
松松9

松葉と米ぬかを混ぜ堆肥を作ります・・・松林からゴミを出さない。
松松5

きれいになった学校林
松松6
松松7

活動参加記念のタオル・・・根上森林サポートクラブが作成いたしました。
タオル

100年木を目指し、松が喜ぶ環境づくり活動お疲れ様でした。
活動後、参加記念として根上森林サポートクラブよりタオルを進呈いたしました。

共さんが報告しました


根上中学校3年生松々レンジャーズ松林保全活動

10月1日(火)午後より、3年生の総合学習として、大浜町の学校林・根上山松林で保全活動が実施されましたのでご報告いたします。
松林に関する環境教育の説明後、松が喜ぶ環境づくりの松葉かき・除草作業・堆肥づくりの保全活動を実施致しました。
今回は、根上山での活動を紹介いたします。

      松葉かきで集めた松葉の堆肥づくり
堆肥1
        米ぬかを混ぜて発酵を促進堆肥2
      汗びっしょりの作業で完成・・・熟成
堆肥4
         先輩が植樹した黒松の松葉かきかき1
かき2
かき8
    元気な根上中学校の3年生です ご覧ください。     
かき3
かき4
かき5
かき6
かき7
   先輩が植樹して2年半  大きく育っています。
美1
  きれいになりました・・・先輩の名札(九谷焼)が誇らしい。
美2
   百年木を目指し順調に育っています。
美3

共さんが報告いたしました





根上山保全活動実施

9月29日(日)AM9:00~12:00根上山で、松林の環境教育・松葉、落葉かき・黒松植樹地を見学、説明、活動後は焼きそば、きなこ餅、焼餅を食べながら懇親を深めました。
参加者は4団体約100名で実施致しました。


以下写真で説明いたします。
はまなす緑の少年団・・・松林の役割・大切さを勉強。
ho1
能美市手をつなぐ育成会の皆さん。
ho2
松林の松葉かき・・・松が喜ぶ環境づくり。
ho3
落葉等は堆肥にします・・・山から「ゴミ」を出さない。
ho4
草刈り後の草の整理。
ho5
展望台での記念撮影・・・白山がきれいに見えました。
ho6
焼きそばの準備ができました。
ho7
おいし~いです。
ho8


共さんが報告いたしました


最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム