FC2ブログ

根上山に「桜」咲く

昨今の気温の上昇により、根上山の大漁桜がピンク色の花が咲きました。
この桜は、平成19年12月02日に、地域の中学生と会員が植樹したものです、一度足を運んではいかがですか。

       ピンク色が鮮やかな「桜」です。
桜1
桜2
sakura 3
見頃を迎えた「桜」見に来てくださ~い・・・順次様々な種類の桜が花をつけます。

共さんでした

スポンサーサイト

能美の松原再生プロジェクトin黒松植樹

3月16日(日)午前9時~11時道林町地内保安林にて、石川県産抵抗性黒松300本植樹しましたのでご報告いたします。
参加団体は下記です。
能美ライオンズクラブ・積水樹脂(株)石川工場・根上森林連合会・道林町町内会・PTA
いしかわ「能美の松原」サポートクラブ等約100名参加致しました。

先ず能美ライオンズクラブ会長の挨拶で開会し、ついでいしかわ「能美の松原」サポート
クラブの私北村がP/Pにて、松林の役割、大切さ、黒松の特性(なぜ海岸砂丘に黒松を
植樹するか)と「炭」を使っての松の植え方(根上方式活着率98%以上)等説明し植樹フィールドに移動し、植え方の実演で理解したうえ、各自植樹を実施致しました。

特に今回は、「しょうろ」の菌根菌を「炭」に散布して植樹する方法で実施致しました。
この方法は、黒松の幼根に菌根菌が付着することにより、松の成長が良く健康で丈夫な
松に育ちます・・・・・・詳しくは質問にお答えいたします
では、下記にてご報告いたします。

熱心に松の説明を聞く参加者。
道1
早速学習した通うりに松の根を広げ根を「炭」でサンドにし植樹する。
道2
親子で「炭」の上に松の根を広げている様子です・・・学習通うりですね。
道3
能美ライオンズクラブの皆さんも学習通うりに完璧な植え方です。
道4
親子で植樹・・・大きくな~れ。
道5
積水樹脂(株)石川工場の皆さんも学習通うりにきれいに植樹。
道6
参加者による植樹風景。
道7
親子で植樹記念・・・僕たち、私たちとどちらが早く大きくなるかな?楽しみ。
道8
菌根菌を散布して、健康で元気な松に育ちますように。
道11
積水樹脂(株)石川工場の皆さん・・・お疲れ様でした。
道9
能美ライオンズクラブの皆様いつもご協力ありがとうございます。
道10


活動参加記念のタオルを配布し無事終了致しました。

共さんでした



根上中学校・学校林保全活動

3月15日(土)午前9時~11時根上中学校松々レンジャーズによる黒松植樹地の松葉かきボランティア活動を実施致しましたのでご報告いたします。
生徒会が自主的に参加者を募り先輩たちが植樹した黒松の育成活動の松葉かき、松葉堆肥づくりを実施致しました。
参加者は、根上中学校生徒・教職員・根上森林連合会・いしかわ「能美の松原」サポートクラブ約80名です。

生徒会による活動説明。
松松

全員で松葉かき実施。
松松2
松松3
松松4
松松8
松松9

松葉と米ぬかを混ぜ堆肥を作ります・・・松林からゴミを出さない。
松松5

きれいになった学校林
松松6
松松7

活動参加記念のタオル・・・根上森林サポートクラブが作成いたしました。
タオル

100年木を目指し、松が喜ぶ環境づくり活動お疲れ様でした。
活動後、参加記念として根上森林サポートクラブよりタオルを進呈いたしました。

共さんが報告しました


浜小学校5年生による黒松植樹実施

3月5日(水)午前中5年生全員による石川県産抵抗性黒松300本を植樹しました。
3月3日に事前学習で学んだ事を思い出し100年木を目指し植樹しましたのでご報告いたします。

「炭」を使っての植樹。
2
松とキノコがうまく共生するように「炭」を使います。
2

3

4

5

小雨で寒い中での植樹、健康に育ちますように願いを込めて


共さんでした







お待たせしました

はまなす緑の少年団では2月樹幹注入の体験学習を実施致しました。

座学で松くい虫被害のメカニズムを勉強

1
八木樹木医の先生による樹幹注入の指導2
ドリルで松に穴を開ける
3
ボトルを打ち込む
4
薬剤をボトルに入れる
5
ガスを充てんする・・・・背圧をかける。6
樹幹注入が終了した黒松・・・・5~7年間の効能7
林業試験場からマツノザイセンチュウの現物も提供いただき勉強になりました。
最後に全員で記念撮影。

8

共さんでした。






最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム